1. トップページ
  2. 化粧崩れの素早い修正方法とは?

化粧崩れの素早い修正方法とは?

インナードライ肌で午後になると化粧崩れしてしまう人、いませんか? お昼ご飯を食べ終わってふと肌に触れると、ベターっと脂が浮いてきてファンデーションもベタベタになっている……。

あわてて化粧室でお化粧直しをするけれど、また夕方の帰宅時間頃には化粧崩れしていてウンザリ。こんな女性もけっこう多いようです。

インナードライ肌じたいを治すには、普段からのお手入れとか食生活の改善など様々な角度から努力しなければなりません。

とはいえ、今現在インナードライ肌でもお化粧をしなければ外出できないという面もあるでしょう。

そこで「化粧崩れ」した時の素早い修正方法を紹介しましょう。

拭き取りタイプのメイク落としを

拭き取りタイプのウェットティッシュのようなメイク落としを持ち歩くといいですね。崩れてきたな、と思ったら思い切って拭き取りタイプのシートでしっかり落としてしまうほうが実はラク。

脂が浮き上がってファンデーションと混じった状態の肌に、上から何を重ねてもまたすぐ脂でグズグズになってしまいますから。
まずメイク落としでメイクを取り除き、ティッシュなどでさらにそっと抑えて残っているメイクの水分などを吸い取ります。

スティック型のファンデーション

スティック型や持ち運びしやすい固形タイプのパウダーではないファンデーションを選んで、それを塗ります。指でとんとんと叩きこみながら、最後にパフで押さえましょう。

化粧崩れの修正メイクはワンポイントメイクで

全部が全部、きれいに修正はできないので、どこかにポイントと置いたメイクにします。例えばよく似合うお気に入りの口紅とか、肌なじみのよいチークを選んでおきましょう。ぱっと色味のものをのせるといっきに「きちんと化粧している」印象になりますから。