1. トップページ
  2. 化粧のりが悪くなるメカニズムと対策

化粧のりが悪くなるメカニズムと対策

化粧のりが悪いな~

そう感じ始めてから何日経っているでしょうか?

その日数が長ければ長いほど、肌が老化しているのを知っていますか?

あまり放っておくと化粧のりが悪いだけで済まなくなります。

  • 化粧のりがますますひどくなる
  • スッピン肌がボロボロになる
  • 肌のキメが荒くなる
  • 化粧水が染みるようになる
  • 敏感肌になる

このような肌症状になっていきます。

お化粧のりが悪い原因は肌の水分バランスとキメの粗さ

化粧のりが悪くなるのは肌の乾燥からくる水分バランスの乱れと、キメの粗さが原因です。

つまり結局は保湿がちゃんとできているかどうかです。

保湿化粧水を使っているからそれは大丈夫と思っていませんか?

化粧のりが悪いということは、その化粧水が効果を発揮していない証拠です。

例え毎日保湿対策している人でも化粧のりが悪くなっている人はたくさんいます。
保湿しているつもりが、ただ肌を濡らしているだけで全く水分をキープできていないんです。

肌の水分が逃げていくのはなぜ?

毎日のスキンケアを欠かしていないのにお化粧のりが悪い…

そんな人の肌は、肌水分が逃げやすい肌質だからです。

肌はある一定以上乾燥すると、しだいに肌のキメが荒くなってきて、今までになかった隙間が増えてきます。
(実際には自分で気づきません)

この隙間は徐々に増えていきます。
この隙間から水分が飛んで行くので肌水分量は低下します。

その結果、肌が乾燥し、さらにキメが荒くなって化粧のりが悪くなります。

だから、お化粧のりを改善したいなら、この肌の隙間をふさぎ、ちゃんと肌内部に水分を閉じ込めてあげる必要があります。

肌に水分を閉じ込めて逃さないためには?

肌に水分を閉じ込めて逃さないには、よく聞く肌にフタをしないといけません。
隙間だらけの肌にフタをして水分が逃げないようにします。

代表的なのがワセリンですね。
ただ夜寝る前くらいしか使えませんし、ベタベタして不快に感じる人もいます。

お化粧は日中にするものなので、その日中もフタをしておかないといけません。
だからワセリンはちょっと厳しいんですよね。

肌にフタができる保湿化粧品

日中も肌にフタをできてお化粧のりを良くすることは結構難しいです。

ただdecencia化粧品のような、肌に皮膜を作って水分を逃さない保湿化粧品なら可能です。

decencia化粧品のヴァイタサイクルヴェールという特許技術は、肌表面に隙間の空いた肌をカバーする人工的な皮膜を張ります。

この皮膜はべたつかずに水分を逃さないフタとなります。

もちろん日中でも作用するのでお化粧のり対策にバッチリ。

さらに使い続けることで、だんだんと肌の水分バランスも良くなっていきます。

ただの一時しのぎではなくて、お肌を蘇らせる美肌化粧品です。

ただ保湿すれば化粧のりが悪いのが解消されるのではない

乾いた壁に小麦粉はくっつきませんが、湿っていればよくくっつきます。パウダー系のファンデーションの乗りが悪いのはこのせい。

かといってリキッドファンデーションのように水分があるファンデーションでも、塗り始めてしばらく立つとファンデーションの水分が蒸発してヨレてきます。

ただ一口に乾燥肌を改善するといっても、保湿クリームを塗ればいいわけではありません。

保湿クリームをただ塗るだけでは、塗っている時はいいものの、化粧をするときにはまた乾燥して化粧のりが悪くなります。

かといって、保湿剤を塗ってからファンデーション等を塗っても、今度はファンデーションがよれたり、脂浮きしたみたいにベタつきが出ます。

化粧のりを良くするために乾燥肌を改善したいなら、一時的な肌水分アップではなく、根本的に乾燥肌体質を改善していく必要があります。

化粧のりの悪さを根本から改善する保湿対策方法

乾燥肌の原因は角質層の乱れ、隙間からによる水分蒸発。

肌角質同士の隙間が大きく開いているため、そこから水分がどんどん蒸発しやすいためです。

なので、この角質層の隙間をふさぐ乾燥肌対策が必要です。

軽度の状態なら一般的な保湿対策をこまめに続けていけば改善されています。

しかし、角質層の隙間が大きい場合、それでは水分の蒸発を抑えきれず、角質が乾燥して再生が間に合わずにいつまでも乾燥を繰り返します。

根本的に乾燥肌と向き合うには、

  • 肌再生を高める生活習慣を意識する
  • 角質層の隙間から水分が逃げない保湿対策をする

事が重要です。

生活習慣は第一に睡眠です。これだけでも変わってきます。

保湿対策はただ保湿するのではなく、角質の隙間をふさぐことが重要。いわゆるバリア機能を肌に作り出す機能のある保湿剤がベストです。

人工的に角質の隙間をカバーしながら、しっかりと保湿して自らの角質層の再生を促す。これを繰り返すと乾燥肌体質が改善されていくでしょう。そして自ずと化粧のりも良くなってきます。