1. トップページ
  2. 化粧のりが悪い理由と解消する保湿化粧品の選び方

化粧のりが悪い理由と解消する保湿化粧品の選び方

肌の水分不足

カラッカラの肌と潤った肌…どちらが化粧成分が密着しそうですか?お化粧はリキッドタイプであっても、肌自体に水分がないと肌に密着しつづけることができません。

肌の角質が乱れ、古い角質が堆積、浮いている

肌表面の角質が乱れていると、古い角質がいつまでも剥がれずゴワゴワに。また、その古い角質が化粧をしたあとに剥がれ落ちるため、化粧の部分浮き、剥がれ、シワが起きてしまいます。

化粧のりが悪いのを改善するベストの方法

肌の角質が乱れ、古い角質が堆積するのも、部分的に剥がれ落ちるのも、全ては保湿不足で起きる肌現象です。
つまり、化粧のりが悪いのはほぼ100%肌の保湿不足。

逆に言うと、保湿対策さえ適切にできていれば、どんな化粧品を使ってもノリはバッチリです。化粧品のせいではありません。あなたの肌がカラッカラなだけです。

化粧のりが悪いのを改善する保湿化粧品の選び方

保湿成分はセラミドですか?

コラーゲンやヒアルロン酸は、化粧品では肌奥で保湿できない成分です。肌表面の保湿は効果的ですが、それではベタつき、化粧浮きの原因となり問題解決になりません。化粧のりを良くする保湿成分はセラミドです。

セラミドは人型ナノセラミドか?

セラミドは肌角質層の水分を保持する大事な成分。しかし多くの化粧品が肌に浸透しないサイズです。肌角質層奥まで浸透し、さらに安定するセラミドは人型ナノセラミドです。ここを外すと化粧のりが改善されないでしょう。

べたつかずに潤いが続くか?

保湿は化粧のりに大事なことですが、べたついた保湿は化粧のりを逆に悪化させます。だからセラミドが主成分なのに加えて、肌表面に保湿成分が残らない、肌にフタをして保湿を閉じ込めるものがベスト。