1. トップページ
  2. ピーリングで化粧のりが変わる?

ピーリングで化粧のりが変わる?

化粧のりの悪さは主に保湿不足ですが、その水分不足が招く肌角質の乱れ、古い角質の堆積も化粧のりが悪い原因です。

肌水分が不足すると角質の生まれ変わりが乱れて、古い角質がうまく剥がれ落ちずに溜まっていきます。

溜まった古い角質はゴワゴワとした質感となり、表面が剥がれきらなかったりして肌表面がデコボコで荒れたような状態になります。

この肌は化粧をうまく密着させることができず、化粧のりが悪い原因となります。

また、化粧を塗ってからしばらくして、古い角質が剥がれてきて一緒に化粧も剥がしてしまう、浮かせてしまう原因となります。

この角質の堆積は保湿を正しくすればすぐに改善されますが、一度軽いピーリングをしても綺麗になります。

ただ気をつけたいのは、ピーリングはあくまで緊急措置であり、ずっと続けるべき改善方法ではありません。

やはり角質は自然に作り変えるべきで、ピーリングを繰り返しやっていると肌がだんだん薄くなっていきます。薄くなった肌は水分保持能力がさらに弱くなり、結局角質の乱れ、堆積を招いてしまいます。

もしピーリングをやるなら弱いタイプのものを。そして必ず保湿対策を忘れないこと。

保湿対策をしないでただピーリングをしているだけでは、いつまでたっても化粧のりが改善されません。そのうちピーリングしても化粧のりが改善されないどころか、とてもソフトなピーリング剤でも肌がピリピリ痛く感じてしまい、敏感肌に振れてしまうので注意しましょう。