1. トップページ
  2. ワンポイントメイクで化粧のりの悪い乾燥肌をカバーしよう

ワンポイントメイクで化粧のりの悪い乾燥肌をカバーしよう

乾燥で肌がカサカサになってくると、化粧ノリが悪くて困ってしまいますよね。

もちろん乾燥肌を根本的に治す努力も必要です。でもとりあえず化粧をして外出しなければならない時、どうしたらうまくメイクでカバーできるでしょうか?

ポイントメイクでカバーしよう

乾燥肌を隠そうとリキッドファンデーションを厚塗りして、コンシーラーもあれこれ使って、となると逆に肌のカサカサが目立ってしまいます。

それより、眉とアイシャドー、あるいは口紅、血色の良い顔色に見せるためのチーク、など、どれか1点だけ、グッと力をいれてメイクしましょう。

例えば顔に合う色の口紅をつけることで、印象として「きれいな唇」が強く残ります。眉とアイシャドーをしっかりとすれば、目のメイクの印象が残ります。

全体的な厚化粧や、逆に薄化粧は「顔全体のイメージ」として捉えるので、肌質がクロースアップされてしまうのです。

それよりも、顔のパーツひとつを中心したワンポイントメイクにしてみましょう。

特にきっちり口紅を塗ると「きちんと化粧をしている」と見えるものです。口周辺の肌が乾燥して悩んでいる人も多いでしょうが、その場合は目もとに、逆におでこや頬が乾燥している人は口紅に、と気になる箇所と遠い部分のパーツに比重をおいてメイクするのがコツですね。