1. トップページ
  2. きれいめチークで顔色を良くして乾燥肌を隠せ!

きれいめチークで顔色を良くして乾燥肌を隠せ!

顔の肌の乾燥がひどい人の中には、ファンデーションに馬油やワセリンを混ぜて使用している人がいませんか?

馬油もワセリンも天然のものですし、確かに乾燥には効くと思います。ただ、メイク用品に混ぜて使うと、ベタつきがちですし、伸びが悪くなったりして使用感も悪くなってしまいます。

ファンデーションにこうした油分を混ぜて使うのは、保湿と同時にメイクした後の肌に「ツヤ感」が欲しいから。ツヤ感があれば血色が良く、健康的な印象になれますから。

乾燥肌の人は、基本的にリキッドやクリームファンデーションがいいのですが、これに何か油分を混ぜて保湿するのはあまりお勧めできません。

それなら保湿成分の高いファンデーションを選んだ方がいいですね。

ファンデーションを塗った時に「粉がふいたように見える」という悩みなら、イチオシなのが「チーク」の利用です。

特に練りチークが使い勝手がいいと思います。

乾燥肌の人というのはどうしても顔色が悪く見えます。

カサついた肌にファンデーションを厚塗りしてしまうために、厚化粧で派手なイメージやモタっとした重い感じの印象になってしまうんですね。

それよりも、多少乾燥が気になっても、ファンデーションをつけたらよくたたきこんだ後で血色が良く見えるきれいな色のチークをつけましょう。

だいたい乾燥肌の人は血行不良の人が多く、そのため冷え性であったり乾燥トラブルに見舞われる事が多いんですよ。
そういう人は大抵顔色もよくないので、チークで印象をパッと明るくするだけでもだいぶ変わりますね。