1. トップページ
  2. 角質のキメを整える

角質のキメを整える

角質のキメが整うと化粧のりが改善します。

角質のキメが悪くなる原因は乾燥です。

しかし保湿しても角質のキメが整うわけではありません。

  • 継続した保湿
  • 2ヶ月ほどの期間

乾燥している時間を徹底的に減らします。

肌は28日のターンオーバーで入れ替わります。

だいたい2ヶ月で確実に肌状態の違いが分かります。

継続した保湿に必要な条件

  • 肌角質に浸透し留まる保湿成分
  • 肌に蓋をできる技術

保湿を継続するには保湿成分選びが重要です。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

この2つは角質のキメ改善に向きません。

これらは肌角質に留まりづらいため、流れ出やすいので継続保湿に向きません。

最適な保湿線はセラミドです

さらに肌に蓋をしないといけません。

ワセリンが一般的ですが、使いにくいので代わりの方法がおすすめ。

唯一、ディセンシア化粧品だけがワセリンに似た機能を持っています。

ディセンシア化粧品の特許技術がワセリン以上の効果を発揮します。

  • 人型ナノセラミド
  • ただ使うだけで肌に蓋ができる
  • べたつきなし
  • 敏感肌向けで安心
  • 一日中潤いが続く

角質を生まれ変わらせるには最適の保湿化粧品です。