1. トップページ
  2. 肌の水分量を増やすにはどうすればいいのか?

肌の水分量を増やすにはどうすればいいのか?

肌の水分量を増やすと化粧のりがグンと変わります。

化粧のりが良くなるだけではありません。

肌水分量が不足しているとこんなことになるのを知っていますか?

  • 紫外線を通しやすくなる
  • 肌荒れしやすくなる
  • シワ、たるみが増えやすくなる

お化粧のりの悪さで化粧映えしないだけじゃないです。

スッピン状態の肌がやばくなります。

肌の水分は潤いを実感させるだけではなく、実は肌を守る重要な役割を果たしているのです。

肌水分量が少ないと、実年齢20代後半の女性でも、肌年齢が30代後半に計測されてしまうんですよ。

肌の水分量を増やす方法

肌水分量を増やす一番手っ取り早い方法は、肌角質内にセラミド、NMF(天然保湿因子)などの脂分を増やすことです。

セラミド、NMF等は、肌角質に存在し、水分をサンドイッチして蓄える力があります。

これらがないと、いくら高級なコラーゲン入り化粧水を使おうとも水分量は増えません。

でもセラミド、NMF等を肌に増やすことができると、嫌でも水分を離さなくなるので水分量が上がるというわけです。

セラミドやNMFは保湿化粧品で十分補給できます

ただし、角質の奥にちゃんと浸透して、それらが乾かないものでないと意味がありません。

ただセラミド入りとなっている保湿化粧品の中には、ほとんど浸透せずに意味が無いものがあります。

必ず、

  • 分子が小さくなって浸透しやすい
  • 乾きにくい

といった特徴のあるセラミド、NMF入りの保湿化粧品でないと肌水分量は増えづらいです。

肌角質の水分量が増えると、さらに奥の肌部分も潤いが戻ってきます。

肌表面での水分量が増えたおかげで、奥の細胞が正常に成長し、みずみずしい状態で育つためです。

洗顔も十分気をつけたいですね。

セラミドやNMFは脂分と書きました。

つまり洗顔で落ちてしまうのです。

乾燥肌のひどい人が、水洗顔にしたら乾燥が軽くなった、というのを聞いたことがないでしょうか?

あれは洗顔で落ちていたセラミドやNMFの量が増えたからです。

このように、セラミドとNMFが肌に増えると、グンと肌の水分量が増えるのが実感できるはず。

水分チェッカーでも数値で違いが出るはずです。

数多い化粧品の中でも、セラミド系の保湿化粧品は違いをより実感しやすい種類です。