1. トップページ
  2. 化粧のりを意識したセラミド保湿化粧品の選び方

化粧のりを意識したセラミド保湿化粧品の選び方

化粧のりの悪さは肌の水分量不足!セラミド保湿化粧品でスキンケアしていきたい!

そんな人が参考になる、使って損をしないセラミド保湿化粧品の選び方について紹介します。

ポイント1.セラミドは人型・天然型がおすすめ

セラミドにはいくつも種類があります。その中で一番効果的なのが人型セラミド、または天然型セラミドと呼ばれているものです。続いて天然セラミドと続きます。

価格と保湿力、使いやすさなど総合的に見て優れているのが人型・天然型です。まずこの記載があるものならセラミドパワーは間違いなく肌に取り入れることができます。

ポイント2.セラミド主体であることを確認

最近セラミドがいいということが広まってきて、いろいろな保湿化粧品にも含まれるようになってきました。

しかし注意してほしいのは、正直な話セラミドがあれば他の保湿成分はそこまで必要じゃないということ。逆に言うとセラミドが主体じゃないといまいちだということです。

もちろんヒアルロン酸など他の保湿成分もいいのですが、化粧のりを考えた場合即効性と実感の強さはセラミドがぴったりなんです。だからこそ、セラミドを全面に押し出したブランドを使ってほしいのです。

ポイント3.年齢に応じて必要なセラミドが変わる

セラミドにはセラミド2やセラミド6Ⅱなどの番号が付いています。これらはどれもセラミドであり、どれも保湿効果に優れているのは間違いありません。

ただ年齢によって減少していきやすいセラミドがあるため、ご自分の年齢に応じてはそのタイプのセラミドが入っているものを使うのがおすすめ。セラミド量も重要ですが、その種類のバランスもとても重要だからです。

  • セラミド1とセラミド2:全年齢におすすめ
  • セラミド3とセラミド6Ⅱ:40代、50代以降の人は特におすすめ(若い人でも当然O.K.)